一ノ瀬文香の破局(離婚)理由は?自叙伝の内容や馴れ初めも調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月に「同性婚」を発表し、翌15年4月に挙式したタレント一ノ瀬文香(36)とダンサー杉森茜(30)が破局していたことが判明!

突然の報道に驚きを隠せませんね!

今回の報道で気になったのが、、

一ノ瀬文香と杉森茜が破局(事実上の離婚)の理由・原因は?

自叙伝「ビアン婚~私が女性と結婚式を挙げるまで」の内容とは?

そもそもの2人の馴れ初めは?

というわけで今回は同性婚として話題となったカップルの離婚(破局)理由について調査してみました!

スポンサーリンク


 

一ノ瀬文香と杉森茜の破局(離婚)原因は?

さっそくですが気になる、一ノ瀬文香と杉森茜の離婚原因は何だったのでしょうか?

こちらについては、報道によると、2016年2月に一ノ瀬さんが発表した自叙伝「ビアン婚~私が女性と結婚式を挙げるまで」の内容が原因のようです。

この自叙伝の内容をめぐって2人の関係がぎくしゃくするようになり、発表から5か月後の7月に同居生活を解消していました。

いったいこの自叙伝の内容をめぐって2人の間に何があったのでしょうか!?

非常に気になりますね!^_^;

関係がぎくしゃくするだけにとどまらず、同居生活を解消し、最終的には破局(事実上の離婚)にまで至る、その内容とはいったい。。

スポンサーリンク


 

自叙伝の内容とは?

続いて気になるのが、今回の破局(離婚)の最大の原因となっている、自叙伝「ビアン婚~私が女性と結婚式を挙げるまで」の内容について!

こちらの内容はネタバレ等の問題もあるため、そこまで詳細には申し上げられませんが、簡単に言うと、一ノ瀬文香さんの半生について以下の内容が綴られています。

  • 幼少期からの性の目覚め
  • 女性同士の恋愛事情
  • ADHDの診断、カミングアウト
  • 現在のパートナー(杉森茜さん)と結婚式を挙げるまで

LBGT(性的マイノリティ)の悩みをなかなか周囲に打ち明けられない方々への励みとなる内容に、反響を呼んだ作品になります。

タレントの楽しんごさんも、出版記念トークイベントに参加し、自分が同性が好きであることを打ち明けられないという悩みを語っています。

そんな楽しんごさんが、今回の自叙伝の内容を大絶賛しているほどの内容です。

(詳細な内容については、馴れ初め等も含め、実際に手に取ってご覧になってみてください^^)

さて、その内容が今回の破局に至った理由はいったい何だったのでしょうか。

おそらく気になるのが「現在のパートナー(杉森茜さん)と結婚式を挙げるまで」の部分で、何か杉森さんの触れられたくない部分について、本の中で書かれてしまった等の原因が一番可能性が高いと考えらえますね。

杉森茜さん自身もLBGTの方の気持ちは理解されているはずですから、自叙伝の中の、一ノ瀬さん自身がLBGTであることをカミングアウトする下りについては、特に問題はないもと見られます。

そのため、何か問題があると考えらるのは、杉森茜さん自身が関係してくるパートであると言えますね。

最終的には破局(事実上の離婚)にまで至るほど、許しがたい内容だったということだったということですね。。^_^;

(何か新たな情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、情報をご提供いただけますと幸いです)

 

まとめ

最近はLBGTの方々に対して色々と注目が集まっている中で、今回の破局報道はなかなか衝撃的ですね。

一ノ瀬文香さん、杉森茜さんの今後の動向から目が離せませんね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*