研修医労災(過労)認定の総合病院(産婦人科)の名前や場所は?賠償金も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内の総合病院で産婦人科に勤務していた30代の男性研修医に対し、労働基準監督署が長時間労働での過労を原因とする労災と認定したことが判明しました!

2015年に起きた事件の直前の労働環境は、半年で休み5日間、月の残業時間が173時間という非常に過酷なものでした!

「働き方改革」が声高に叫ばれる昨今において、その衝撃的な報道内容に驚きを隠せませんね^_^;

サラリーマンとして働く立場として、今回の過酷な労働環境での悲劇が他人事とは決して思えませんでした!

そこで、今回の報道で特に気になった以下の2点について調べてみました!

  • 労災認定の研修医の病院(勤務先)の名前や場所は?
  • 労災認定による賠償金はいくらになる?

スポンサーリンク

労災認定の研修医の病院(勤務先)の名前や場所は?

さっそくですが、今回の事件が起きた研修医の方が勤務されていた病院の名前や場所はいったいどうなっているのでしょうか!?

こちらについては調べてみた結果、残念ながら現状では詳しい情報は明らかになっていませんでした。

今後新たな情報が入り次第、随時追記していきます。

(もし何か新たな情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、別途コメント等で教えていただけますと幸いです)

ですが現時点で判明している情報を再度振り返ってみると、、

  • 場所は東京都内
  • 病院の種別は「総合病院」
  • 男性研修医は産婦人科に勤務

というわけで、都内の総合病院で産婦人科がある病院ということまでは分かりましたが、なかなか候補が多すぎるため、特定にまでは至らなかったというのが実情です^_^;

今回の報道に対し、病院側は「現時点ではコメントできない」とのこと。。

う~ん、、じゃあしかるべき時期が来たら何かコメントを発表してくれるのだろうか。。

そんな疑問は尽きませんね^_^;

この手の報道で、会社や組織の名前を公表しない理由も非常に気になりますよね!

(何か政府等が手をまわして報道規制でも行っているのでしょうか。。^_^;)

スポンサーリンク

労災認定による賠償金はいくらになる?

続いて気になるのが、今回の労災に認定による、男性研修医の遺族に支払われる賠償金の金額がいくらになるのかですね。

「積み重ねた偽札の束積み重ねた偽札の束」のフリー写真素材を拡大

こちらについても現時点では詳しい情報は明らかになっていませんでしたので、今後新たな情報が入り次第、追記していきます。

ですが、過去の同様な事例に対する賠償金の支払いの金額は以下の通りです。

  • ワタミ・・・1億3000万円
  • JR西日本・・・1億円
  • 仁和寺内(世界遺産)・・・4,250万円
  • アデランス・・・1,300万円

なかなか高額な賠償金が発生していることが伺えますね^_^;

 

最後に

医者と言えば、弁護士や会計士と並ぶ、士業の最高ランクの職業と言われていますが、その労働環境は必ずしも良いものとは言えないということですね。。

今後は一刻も早く、国全体も含めた改革の中で再発防止が徹底されることを祈願しております。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 雲の階段 より:

    東京新聞に国立病院機構とありますので、該当する病院はひとつだけです。

    1. macotoh2 より:

      雲の階段さん、コメントありがとうございます^^
      都内の「国立病院機構」というのが東京新聞に掲載されていたんですね!
      (朝日などの全国版の新聞にはなぜ、このような情報が載らないのかいつも気になりますね。。^_^)
      貴重な情報を教えていただきありがとうございます!

コメントを残す

*