北朝鮮戦争が秒読み! 2017年最新の日本危険エリアはどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮情勢の緊迫が話題となっておりますね!

ネット上では「Xデー」はいつだ!?みたいな話題も上がっています^_^;

北朝鮮では、故金日成主席の生誕105年という重要な記念日を迎えるにあたり、アメリカ・北朝鮮双方から過激な発言が出ています!

トランプ大統領は「北朝鮮は問題だ。問題には対処する」と述べています。

特に気になるのが「体制転換を目指すのではなく、核・ミサイル開発を放棄させるために「最大限の圧力」をかける方針」という発言です!

これはもうただの経済制裁レベルでは済まない、何か物騒な雰囲気を感じざるを得ませんね。。^_^;

一方で北朝鮮側の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は「核実験については我が最高指導部が決める問題。最高指導部が決心した時に核実験が行われる」と発言。

北朝鮮情勢の緊迫が増す中で、気になったのが、、、

日本の危険エリアはどこ!?

というわけで今回は、北朝鮮戦争が始まった場合に日本で攻撃が予想される危険エリアについて!



日本の危険エリアはどこ?

さっそくですが気になる日本への影響や危険となる場所はどこなのでしょうか!?

大きく危険視されているのは以下の3つの場所です。

  • 米軍基地がある場所
  • 原子力発電所がある場所
  • 首都圏(東京)

それぞれ見ていきましょう!

米軍基地がある場所

こちらは北朝鮮戦争が始まった際に、最も危険とされている地域になります!

アメリカ軍基地を有する日本は、今回のアメリvs北朝鮮の戦争において、北朝鮮の敵対国として認識され、間違いなく攻撃対象となります。

特に沖縄県はそういう意味では特に危険な地域と言えるでしょう。

沖縄県には現在日本に駐留する在日米軍基地の75 %が沖縄にいる実情があります。

そうなると沖縄の米軍基地を起点にアメリカ軍も北朝鮮との応戦に臨むことにもなるでしょうから、当然、そこが攻撃対象となるの可能性はかなり高いといえます。

そのほか、沖縄県以外で在日米軍基地がある場所は以下の通り。

  • 山口県の岩国基地、
  • 神奈川県の横須賀基地、厚木基地、キャンプ座間
  • 長崎県の佐世保基地
  • 青森県の三沢基地、
  • 東京都の横田基地

これらの地域も危険である可能性が高いです。



原子力発電所がある場所

こちらについても日本に甚大な被害をもたらすという意味で、攻撃対象となる可能性が高いといえます。

6年前に起きた東日本大震災での福島第一原発で、日本の原子力発電所の事故がもたらす影響の大きさが国内外に露呈されており、米軍基地に続いて格好の標的になるのは間違いないでしょう。

そんな気になる原子力発電所が場所は以下の通り。

  • 柏崎刈羽原子力発電所(東京電力株式会社)
  • 大飯発電所( 関西電力株式会社)
  • 福島第一原子力発電所( 東京電力株式会社)
  • 福島第二原子力発電所(東京電力株式会社)
  • 浜岡原子力発電所(中部電力株式会社)
  • 玄海原子力発電所(九州電力株式会社 )
  • 高浜発電所( 関西電力株式会社)
  • 女川原子力発電所( 東北電力株式会社)
  • 泊発電所(北海道電力株式会社)
  • 伊方発電所(四国電力株式会社)
  • 志賀原子力発電所(北陸電力株式会社)
  • 川内原子力発電所(九州電力株式会社)
  • 美浜発電所(関西電力株式会社)
  • 敦賀発電所(日本原子力発電株式会社)
  • 島根原子力発電所(中国電力株式会社)
  • 東海第二発電所(日本原子力発電株式会社)
  • 東通原子力発電所 (東北電力株式会社)

というわけで非常に多いんですね^_^;

現在稼働しているかどうかも気になる点ではありますが、いずれにせよ非常にこれら原子力発電所がある地域は非常に危険であると言わざるを得ません。

 

首都圏(東京)

最後は、テロの問題等でいつも話題に上がる首都圏ですね。

特に日本のように首都圏に生活の機能が一極集中している地域も、同様に危険です。

東日本大震災の際も、福島第一原発の事故で電気が使用が制限された時期、首都圏ではかなり不便な暮らしを強いられた時期があったと思います。

特に、その日本の首都圏の中でも最大の規模を誇るのが東京です。

さらに東京には米軍基地(横田基地)もありますので、そういう意味でも攻撃の対象となる可能性が非常に高いと言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世間ではXデーはいつ来るのかという話題がネット上等で上がっている一方で、あまりテレビのニュースでは大々的な報道はされていないようですね^_^;

なかなか世間一般の緊張感のなさにも少し驚きですが、いずれにせよ、緊迫した北朝鮮の情勢に目が離せませんね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*